ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2008年07月31日

ゴッドファーザーPARTU



1975年4月公開

監督 フランシス・フォード・コッポラ
出演 アル・パチーノ ダイアン・キートン ロバート・デ・ニーロ

 一代で苦労してファミリーを築きあげた父ビト・コルレオーネ。彼は家庭も大事にしてきた。父の死後、ファミリーを引き継いだマイケル(A・パチーノ)。彼もまた父が築きあげたファミリーを守り繁栄させるべく奮闘していた。若き日の父ビト・コルレオーネ(R・デ・ニーロ)の面影を追いながら、若きドンのマイケルは物思いに耽る。父が若い頃の時代と全く違った中で、マイケルはドンとしての苦悩と復讐の物語が深く交錯していくのであった。決して交わることのない両者の生き様。それは観るものを惹き付けて止まない作品となって仕上がっている。

 家族とファミリーの繁栄を願い手に入れた父。一方でマイケルはファミリーの更なる繁栄とファミリーの合法化に心血を注いでいた。家庭も大事にしてきたつもりが、徐々に家庭崩壊への階段を昇っていくことも知らずにいた。若き日のドン・ビト・コルレオーネは、リトルイタリアで徐々に頭角を現していった。そんな中、リトルイタリアを牛耳っていたファヌッチが立ちはだかった。日頃から彼の横暴さを見かねていた彼は、街がキリスト教の祭りでにぎわう中ついにファヌッチを拳銃で仕留めることにせいこうする。この銃弾が、やがて訪れるドン・コルレオーネ・ファミリーの繁栄を持たらしていくのであった……。

 それとは対照的にマイケルは命を狙われる。ファミリーの中に裏切り者がいたということに立腹した彼は、急遽、旅立つことに。ファミリーが今後も繁栄していくようにと裏切り者を探し出すために。その旅立ちが後に彼を不幸へと陥れることも知らずに。

 この作品の秀逸なところは、若き日の父と、若き日のマイケルとの生き様を対照的に描いた点である。誰からも親しまれた父ビト。それは父ビトがリトルイタリアでファヌッチを殺したのも、いわば義憤の側面があったからである。リトルイタリアの市民をも守かのように立ち振る舞ってきたビト。それと相反するように、誰からも畏れられていたマイケル。それは、父が遺したファミリーを守るために。言わばファミリーだけしか見えていないマイケル。それが後々大きな悲劇の火種となってしまう。

 妻のケイ(D・キートン)は、夫の裏の顔を畏れ憎みすら抱くようになる。その結果として身ごもっていた子を中絶してしまう。その事実を知らされたマイケルは怒り狂いケイだけを追い出すことに。家庭の崩壊である。裏切り者としてわかったのは実兄のフレドだった。ファミリーの掟に従い、マイケルはとうとうフレドまで手にかけてしまう。父ビトのようには上手く行かず、時代の流れに苦悩しながらも冷徹さだけを手に入れたマイケル。

 このように、二人の生き様を交互に交錯させるように演出しており、それが、またこの作品に深みをもたらしているのである。ただの続編とはひと味もふた味も違うのである。両作品を続けてご覧になったらわかるが、二つの作品が融合して見事にひとつの作品としても成り立っていることに気づくだろう。この物語だけでも、充分に堪能できるという点では特筆すべきではないだろうか。今の時代でも決して色褪せることなく楽しめる作品に仕上がっているのである。一度観た人も、まだ観ていない人も必見です。お見逃しなく。

オススメ度 ★★★★★ 百聞は一見にしかず。是非ご覧になって下さい

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 09:41| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

セブン(2回目)



1996年1月公開

監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ブラッド・ピット モーガン・フリーマン グウィネス・パルトロウ

 キリスト教の七つの大罪として、憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠慢・強欲・大食が列挙されている。人は多かれ少なかれこの七つの大罪について欲求を持っている。キリスト教徒でない僕としては、この七つの大罪の意味するところは分からない。でも、人それぞれがさまざまな欲望を持って生きているということは確かである。

 この物語は、このキリスト教の七つの大罪になぞられて起こった連続猟奇殺人事件だった。退職間近のベテラン刑事サマセット(M・フリーマン)と若手刑事ミルズ(B・ピット)が手を組み事件の担当として調査を開始するのだが……。

 見所は、サマセットとミルズの生き方の違いである。几帳面でいて日々おこる犯罪にうんざりしているサマセット。それとは対照的に血気盛んで正義感が強く、少しだらしないのないミルズ。そしてキリスト教の七つの大罪になぞられて次々と起こる猟奇的殺人事件。この正反対な二人がそれぞれ違った観点から調査をするところはとても斬新でいて面白く且つ秀逸である。人が持っている残虐性。七つの大罪を大義名分にして自ら行った殺人の正当性を主張するジョン・ドゥ(K・スペイシー)。日本ではあまり馴染みのない七つの大罪だが、分かりやすく丁寧に描いているので、変に難しくないところである。

 例を挙げると、大食である肥満の男がパスタの上に顔をうずめて死に、強欲な弁護士は高級オフィスビルで殺されている。といった具合に事件が展開していく。これほど分かりやすく描かれているのである。そして衝撃のラストシーン。賛否両論あるだろうが、僕としてはあれで良かったと考えている。劇中おこされた殺人事件のすべてはあのラストシーンに向けての序曲に過ぎなかったことを思い知らされる。

 人が持つ弱さ、脆さ、といった側面をも持ち合わせている。サイコ・スリラーとしての作品では、あの羊たちの沈黙と同等に群を抜いている。至極の作品といっても過言ではないだろう。何度観ても飽きない作品である。一度観た方は、もう一度是非観てもらいたい作品である。もちろん、未見の方にも観てもらいたい作品である。かなりオススメです。

オススメ度 ★★★★★ 衝撃のラストシーン。目を背けずに観られますか

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 07:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

キングコング



2005年12月公開

監督 ピーター・ジャクソン
出演 ナオミ・ワッツ エイドリアン・ブロディ ジャック・ブラック

 人類未踏の地。太古の昔から、この響きは冒険心を刺激して止まない。どれほどまでに人を魅了するのだろう。それは、誰も足を踏み入れることの出来なかった地に降り立つ興奮とそこに待ち受けているのは何なのか。そこにはロマンすら感じるのである。

 地図にも載っていない幻の島「髑髏島(スカル・アイランド)」。そこでかつてない冒険映画をとろうと、野心家で無謀な映画監督カール・デナム(J・ブラック)は目論んでいた。そこで言葉巧みに、美しくて優しい女優アン・ダロウ(N・ワッツ)と、誠実な脚本家ジャック・ドリスコル(E・ブロディ)と、撮影クルーを引き連れ危険な航海に乗り出す。そしてついに幻の島「髑髏島(スカル・アイランド)」へと到着する。早速、島に乗り込み撮影を開始するデナム。しかし、そこに待ち受けていたのは原住民たちであった。やがてアンは原住民にさらわれてしまう。救出に向かうクルーたち。ジャングルの奥深くへと入ってゆく。そこで彼らが目にした光景は想像を絶する世界を目の当たりにする。一方、アンも壮絶な体験をするのであった……。

 この作品は、1933年に製作された「キング・コング」のリメイクした作品。オリジナルは未見なので比較しようがないのだが、それにしても物語が冗長すぎた。中盤までは手に汗握る展開が多かったが、キングコングがニューヨークにきてからの物語には、少々荒削りな展開と言わざるを得ない。いくら冒険映画とはいえ、3時間をこすのは無理がありすぎた。もっと短縮できれば良い作品になれたかもしれない。でも3時間ある物語を観ているものを引きずり込む力強さがあるという点は否めない。

 ただ映像面では最新のテクノロジーを駆使してあるので見応えがある。くどいようだが、余りにも作品自体が冗長なため、観賞後は一気に疲労が襲ってくる。時間が余っている方にはオススメの作品なのかもしれない。個人的にはそれなりに楽しめた作品であったが、イチ押しするところまでいかない作品であった。

オススメ度 ★★☆☆☆ 個人的にはすごく疲れました

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 08:45| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

コンスタンティン(2回目)



2005年4月公開

監督 フランシス・ローレンス
出演 キアヌ・リーブス レイチェル・ワイズ シャイア・ラブーフ

 人間は死んだらどうなるのだろう。宗教の違いによってその解釈はさまざまである。この物語の軸にあるのはキリスト教である。天国と地獄。それは人間界の裏側でせめぎ合いを繰り広げている、そんな世界観を持った話である。原作はアメコミの「ヘルブレイザー」である。

 人間界には悪魔や天使が宿った人間がおり、それらをハーフブリードと呼び、彼らは常に善悪の均衡を保とうとしている。ジョン・コンスタンティン(K・リーブス)はそれらハーフブリードを見分ける特殊な能力を持っている孤独な男である。彼は、その能力を使い、善悪の均衡を破った悪魔を地獄に送り返していた。理由は均衡をまもるためではない。幼い頃自殺を図った報いとして死後地獄へと行くことが決まっているので、それを回避して天国への切符を手に入れるために悪魔を地獄へと送り返し続けていた。

 ジョンはある日、いつものように悪魔払いをすませようとあるアパートへと出向く。そこに待ち受けていたのは、普通のハーフブリードではなく、下級の悪魔が人間界に忍び込もうと少女の体に寄生していたのだ。本来、天使や悪魔は直接人間界に出入りすることが出来ないはずなのに。違和感を覚えたジョンは神父にこのケースと似たようなことがないかを調べることを依頼する。一方、ロサンジェルス市警の女刑事アンジェラ(R・ワイズ)は双子の妹イザベルが謎の飛び降り自殺をはかった事実が受け入れられず、独自に真相を解明すべく調査するのであった。やがてジョンのもとに辿り着いたアンジェラ。ジョンと共にイザベルの自殺の謎を解くため一緒に行動するのだが……。

 この作品の見所は、地獄の世界へ行くのに水を通して移動したり、悪魔払いのアイテムがさまざまであり、それがまたユニークな品物であったりする。おまけに、肺がんによって余命いくばくもないジョンがそれでも煙草と酒をやめようとはせずにいたり、人のためより、自分が天国に行きたいために悪魔払いをやっているシニカルな役どころを演じている。

 これまで、いろいろな悪魔払いの映画があったのに、それらとは一線を画している。その理由は上記に挙げた通り、悪魔払いのアイテムが創造性にとんでいるからであり、ビジュアル面でも地獄の風景を描いたりしているからである。最初から最後まで飽きさせない作りとなっている。何度観ても飽きない作品に仕上がっていると個人的にはそう考えている。オススメです。

オススメ度 ★★★★★ ジョンのシニカルな役どころに注目してください

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 10:25| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

シークレットウインドウ(2回目)



2004年1月公開

監督 デヴィット・コープ
出演 ジョニー・デップ ジョン・タトゥーロ マリア・ペロ

 もし、あなたに何も身に覚えのない出来事で、執拗に追い回されたらどうなるだろう。精神的に疲弊するのではないだろうか。そんな非日常の出来事を描いた作品がシークレットウインドウである。

 この物語は、人気作家レイニー(J・デップ)のもとに、いきなりシューター(J・タトゥーロ)がやってきて「自分の小説が盗まれた」というのである。全く身に覚えのない盗作の嫌疑をかけられ戸惑うレイニー。その場は追い返すものの、シューターが残していった原稿をみると、彼の作品である「秘密の窓」に非常に酷似したものだった。戦慄を覚えるレイニー。その後シューターは執拗にレイニーの前に姿を現し付きまとい始めるのだが……。

 原作はスティーヴン・キングの中編集「ランゴリアーズ」に載っている「秘密の窓 秘密の花園」を映画化したものである。原作は未読だが一度呼んでみたいものである。来月の初旬には手に入れる予定。その時はまた小説のレビューを書くので興味のある方はお待ちください。

 話が少しばかり脱線したが、この作品の見所は、ジョニー・デップの演技そのものだろう。半年前に妻のエイミー(M・ペロ)の不貞の現場へと足を踏み入れる際の表情。別居後、人里離れた湖畔の別荘で一人怠惰に暮らすレイニー。つねにボサボサの頭、着古したバスローブ姿、落ち着きのない姿、シューターの異常なまでの行動に畏れおののく姿、どれをとっても完璧な演技である。それに加え、ジョン・タトゥーロが迫真の演技でジョニー演じるレイニーを追いつめる姿はさすがに見応えがある。

 徐々にレイニーの精神が蝕まれていく姿は見ているものを圧巻する。もし、自分ならと考えさせられずにはいられない。まるで恐怖そのものである。この作品は個人的にはお気に入りの作品でDVDを購入しことあるごとに観ているのだが、何度観ても飽きない。それは、僕自身が精神を病んでいるからであろう。レイニーの生活も怠惰であり、僕の生活も怠惰である。感情移入しやすいという点も挙げられる。

 特にラストシーンでのジョニーの独壇場である。内なる声に耳を塞ぎ込む姿は、まるで僕を連想させる。そう内なる声に耳を傾けるのは非常に困難なことである。そういったところが、僕を惹き付けて止まない。ある意味、最後まで目が離せない展開になっているので、未見の方は、一度ごらん下さい。オススメです。

オススメ度 ★★★★★ 内なる声に耳を塞いでいませんか?

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 15:17| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。