ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2008年08月16日

昔の駄菓子屋と今のコンビニ世代

 今ではすっかりと見かけなくなった駄菓子屋。僕が幼かった頃は、あちらこちらに駄菓子屋があったものである。百円あれば充分に堪能出来た時代。くじ引きの一等のオモチャ欲しさに何度もチャレンジしたり、今では絶対食べられないような甘いだけのお菓子を食べたりして遊んだものだ。そんなお菓子やらくじ引きでスカを引いたりするのが楽しくて仕方がなかった。

 今思うに、くじ引きなど一等のあたりの券など入っていなかったように思える。子供心にギャンブルする楽しさを植え付けるための小道具に過ぎなかったのではないかと邪推してしまう。たった十円で何百円かいやもっと高額だったのかもしれないが、それを当てにいくために随分と悪時絵を働かした奴もいる。一等のあたり券を偽造する奴が出て来たりする。所詮、子供の浅知恵なのですぐに露見してしまい、コラッーとおこなれながらも逃げ出すのが楽しかったりする。

 僕らの時代で流行ったのが銀玉鉄砲だった。あまり威力がないが至近距離からうたれるとこれがまた結構痛い。折しも、石原裕次郎、渡哲也が出演していた「西部警察」などが流行っていたこともあり、撃ち合いをするのが楽しかった。小学校高学年になると、プラモデルでモデルガンを作る楽しさを覚えた。銀玉鉄砲から、プラモデルのモデルガンへと変わり、相変わらず、近くの神社の境内で撃ち合いをしていた。今度は火薬なので音だけであそんだりしていた。

 あと、よく遊んだのが爆竹遊びである。子供というのは時に残酷とも言える所業をやってのける。僕の友人Fはカエルをつかまえてはカエルの生側を剥がすことに恍惚を覚えていた。カエルにとってはたまったもんはないだろうか。そんなことを行っている僕もカエルやヤモリなどをつかまえては口に爆竹をくわえさせ火をつけて爆発するシーンを随分と楽しんだものである。今になって思えば残酷だが。それだけでは飽き足らず、今度は爆竹に火をつけどれだけギリギリまで持てるかと云うチキンレースをやったものである。僕も挑戦して何度かは手の中で爆発して痛い思いをしたことを思い出す。

 後は、友人のY君が住んでいるマンションで鬼ごっこをしたり、またしても爆竹遊びをしたりした。最上階まで昇っていき、爆竹に火をつけてから落下させて途中で爆発するのを見ると言う単純な遊びに興じたものである。しかし、度が過ぎれば学校に連絡が行き、マンションでの爆竹遊びは禁止となったのである。それも当然であるが。

 こうやって昔の遊びを思い出してみると、携帯用のゲーム機なんてもちろんない時代だが、子供なりにルールを作り楽しんでいたことを思い起こさせてくれる。今の子供たちが可哀相だとは思わない。時代に即した遊び方があるのだろうけれど、昔、僕らが味わった探検心とか冒険心というものが少し希薄になっているようで仕方がない。それに特定の少人数だけで遊ぶ傾向がある。僕らの時代は、同世代の男女やお兄ちゃんやちびっ子まで一緒に遊んだ記憶が片隅にある。しかも、その上、いたずらが度をこしてしまうと、叱ってくれる近所のおっちゃん、おばちゃんがいた。現代では考えにくいことだ。

 僕らが大人になるにつれ、親となった今、子供たちに伝えられるものは何だろうと考える。近所の悪ガキがやんちゃをしていても止めない、見て見ぬ振りをしたりする。これでは、礼儀作法や常識を教えないのと一緒である。自分さえ良ければそれでいいという風潮が僕たち大人を含め蔓延しているのである。それが故に、子が親を殺し、親が子を殺すという悲惨な時代になったのだろう。一昔前は、良い大学に入り、良い会社に入れば安泰だという幻影が空く長良図もあったが、バブル崩壊以後、その幻影すらみられなくなってしまった。そしたら今の子供たちは何を信じて生きていけば良いのだろうか。幸せっていうものを根本的に考え直す時期にきているのではないかと僕は考えている。出来ることなら今の子供たちは携帯用ゲーム機を置いて外に出てやんちゃをしてほしい。それで、ここまでやったら怒られるというのを肌で感じて欲しい。逆に僕を含め大人たちも知らない子供でも度が過ぎれば怒るということを勇気を持って実行してもらいたい。そうすれば、世の中がちょっとだけ住みやすくなるかもしれないから。
posted by Genken at 14:25| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

マイアミ・バイス



2006年9月公開

監督 マイケル・マン
出演 コリン・ファレル ジェイミー・フォックス コン・リー

 スタイリッシュでクールな「マイアミ・バイス」1980年代に人気を博したTVシリーズを、マイケル・マン監督がリメイクした作品。「マイアミ・バイス」と言えばドン・ジョンソンのイメージが強すぎるが、この作品はそれらを越えて出来上がった別の作品として捉えた方がTVシリーズのファンにとってはいいだろう。

 あらすじ自体はそれほど複雑でもなく、おとり捜査の危険性を充分に伝えることに成功している。マイアミ警察が使っていた情報屋が衝撃的な死を遂げた。その上FBIの潜入捜査官2人もおとり捜査の現場で殺害される。なんとおとり捜査の情報が犯罪組織に流失している。ことを重く見たFBIは状況を打開すべく、マイアミ警察に協力を依頼する。それは麻薬ディーラーとして密輸組織に接触して情報漏れのルートを見つけ出すという作戦であった。孤立無援の特別任務であり、無事に生還出来るのは限りなくゼロに近い。そんな危険な捜査を二人の刑事に託される。特捜課のクロケット(K・ファレル)とタブス(J・フォックス)。さっそく犯罪組織への接触を図ろうと行動を開始するのだが……。

 とにかく、クールでスタイリッシュな物語の展開には舌を巻く。現実のおとり捜査はそこまで派手ではないだろう。ただ、それを忘れさせてくれるかのように、物語はテンポよく進んでいく。自らの危険を顧みず組織犯罪撲滅のために命を張るということは見た目以上に格好が良い。とにかく、理屈は抜きにして楽しめる作品となっている。オススメです。

オススメ度 ★★★☆☆ クールでスタイリッシュな映像美を堪能して下さい

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 22:03| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(ま行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

スカイクロラ

2008年8月公開

監督 押井守
声の出演 菊池凛子 加瀬亮 谷原章介

 一見、平和とも思える現代社会。でも、戦争はあちらこちらで行われている。ひとたびTVをつければ信じている宗教が違うといって争いが起こり、また、変革や自由を求めて自国の政府と戦う人たち。さまざまな情報が目に入り耳に聞こえる。そんな姿を見て僕たちは平和の有りがたさを知る。

 物語の舞台は、幾つかの大戦を経て、束の間の平和を手に入れた、今と良くにた時代。かりそめの平和を実感するために、人々は「ショーとしての戦争」を求めた。現代を生きる私たちが、テレビを通して戦争を「観戦」するように。戦闘機のパイロットとして戦うのは、”キルドレ”と呼ばれる子どもたち。彼らは年をとらない。思春期の姿のまま、永遠に生き続けるー空で死なないかぎりは。(パンフレットから抜粋)。

 ショーとしての戦争の側面には平和を甘受出来る社会であらなければならない。
劇中で草薙水素が発した台詞の中でその一面が垣間見られる。「戦争はどんな時代でも完全に消滅しとことはない。それは、人間にとって、その現実味がいつでも重要だったから。同じ時代に、今もどこかで誰かが戦っている、という現実感が、人間社会のシステムには不可欠な要素だから。そして、それは絶対に嘘では作れない。戦争がどんなものなのか、歴史の教科書に載っている昔話だけでは不十分なのよ。本当に死んでいく人間がいて、それが報道されて、その悲惨さを見せつけなければ、平和を維持していけない。平和の意味さえ認識できなくなるー空の上で殺し合いをしなければ生きていることを実感できない私たちのようにね」という具合に完全とも思える社会でも致命的な欠陥を持ち合わせているかのようである。

 それに加え、キルドレと呼ばれる子どもたち。彼らはどこから産まれどのように育ったのかそれすらも分からないでいる。ただ分かっているのは、年をとらず、思春期の姿のまま永遠に生き続けられるということ。空で死なない限りは。たとえ、空で死んだとしても、その特性を引き継いだものがまた現れる。未来永劫、その繰り返しである。ある意味、ずっと生き続けなければならないという苦痛と言う名の十字架を背負って生きているとも言える。草薙水素も、その十字架を背負い葛藤している。函南優一も新しい基地に配属される前の記憶を持たずにいる。そして前任のパイロットについて知りたがる。バラバラになったピースを拾い集めるかのように前任者の情報を求め続ける。それがひとつの絵として治まった時に、優一は自分たちに課せられた運命に立ち向かう決意をするのであった。

 この作品の秀逸なところは、現代社会にもある意味戦争はショーとかしている現実を風刺している点である。僕たち日本で育った人間は戦争についてあまり免疫のない世代が増えてきている。昔に起こった先の大戦の記憶を持ったものが少なくなりつつある現状。戦争の無意味さを教えてくれているのである。それに加え、空で死なない限り、思春期の姿のままで生き続けるという点。これは、一度は誰しもが望んだであろう永遠の若さ。ただ、その裏側では未来永劫変わることのない日々が待ち受けているだけの永遠と言う名の苦痛。それを終わらない戦争とキルドレという存在を上手く交錯させながら描いているというのは特筆すべきだろう。

 限りがあるからこそ、この世を謳歌できるのであって、決して終わらせない戦争やキルドレに代表されるように死なない存在というのはまぎれもなく幻想であるということを。この作品が持たらしてくれたメッセージを今一度噛み締める必要がある。

オススメ度 ★★★★★ この世は限りがあるからこそ美しい。

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 10:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

Vフォー・ヴェンデッタ



2006年4月公開

監督 ジェームズ・マクティーグ
出演 ナタリー・ポートマン ヒューゴ・ウゥーヴィング スティーヴン・レイ

 もし、表現の自由、言論の自由を奪われたらあなたならどうするだろう。ただ、ジッと鳴りを潜めて生きていくのだろうか。誰もが距離を持ち、政策や体制の不満を胸に潜め生きていくのではないだろうか。独裁国家によって持たらせる悲劇。表向き平等な社会と秩序ある社会を標榜しながら、絶対的権力により、市民の自由を奪う矛盾した世界。その世界を解放すべく、たった一人で革命を起こそうという人物がいた。それがV(H・ウィーヴィング)であった。

 時代は、近未来のイギリス。そこは独裁者アダム・サトラー(J・ハート)が支配するファシズム国家であった。テレビ局で働くイヴィー(N・ポートマン)はある日、外出禁止時間に表通りを歩いていたところを運悪く秘密警察に捕まってしまう。窮地にたたされたイヴィーを助け出したのがVと名乗る仮面男に救われる。しかし、その男は、たった一人でサトラー政府に反逆を誓うテロリストであった。次第に、Vのテロ活動に深く巻き込まれていくイヴィー。やがてイヴィーは真実に目覚め自由と正義を取り戻すため革命のために立ち上がるのであった……。

 独裁国家にとって、市民が自由を手に入れることは非情に都合が悪い。メディアによって情報は改ざんされて、毒にも薬にもならない情報が垂れ流されていく。そんな状況下において、一人政府のもつ欺瞞を明らかにすべく立ち上がっていく姿を非情に丁寧に描いた作品である。かつて日本も同じように、戦時中メディアは検閲を受け、自国の政府の都合のいいように情報が改ざんされた経緯がある。声高に、政府が抱えている欺瞞を叫ぼうものなら、非国民となじられ投獄される時代であった。

 この作品が秀逸なのは、独裁国家が孕む危険性を描きながら、同時に市民たちの感情、葛藤を丁寧に描いているところである。日頃、思っていることを口に出せない苛立ちを仮面をくばることによってその感情を解放させるシーンは圧巻である。と同時に9.11同時多発テロによって引き起されたアメリカが中心となって押し進めてきた政治体制に対して強い懸念を反映させた仕上がりとなっている。ともすれば、アメリカもこのように独裁国家としてなり得た可能性を指摘しているところが特筆すべきところであろう。テロを許せない感情は分かるが行き過ぎれば自分たちがその罠に陥る危険性があることに、少しでも懸命な方は気づくであろう。

オススメ度 ★★★★★ 言論と表現の自由の有り難みを感じて下さい

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 12:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

スパイ・バウンド



2005年1月公開

監督 フレデリック・シェンデルフェール
出演 モニカ・ベルッチ ヴァンサン・カッセル アントレ・デュソリエ

 この作品は、1985年に実際に起こった虹の戦死号爆破事件の実行犯である女スパイ、ドミニク・プリウールの証言を基に作られたものである。普通の生活を望む女性諜報員の葛藤と、パートナーとともに非情な国家に立ち向かう姿を描いたスパイ・サスペンス。

 派手なアクションシーンはないものの、観るものを惹き付けて止まないこの物語。あらすじは、旧東欧諸国から入手した武器を密輸する武器商人イゴール・リポヴスキーの貨物船を爆破する作戦が実行されようとしていた。作戦を指揮するジョルジュ(V・カッセル)はリザ(M・ベルッチ)と共に夫婦を装い、密輸船の入港先であるモロッコへといち早く入る。しかしリザはこの任務を最後に仕事を辞めて普通の生活を送りたいと考えていた。パートナーのジョルジュにもその旨を打ち明ける。そんな思いを抱きながらも任務に集中する二人。見事作戦は成功して、帰路に着く二人だったが、そこには思いもよらぬ罠が仕掛けられていた……。

 女性なら一度は夢見るであろう、穏やかな暮らし、子供を産み育てることを。そんな普通の生活すら夢見ることさえ女性諜報員であるが故に出来ないでいるリザ。普通の暮らしに何とか戻りたいと切望する彼女に国は非情なまでの罠を仕掛ける。それに気づいたリザは絶望を感じながらも新たな任務に着手する。一方、ジョルジュは、リザのことを思わんばかりに単独行動をすることに。果たして彼らの運命は如何に。

 綿密に練られた脚本によって物語に深みを与えることに成功している。見所としては、各自の思惑や葛藤を丁寧に描いているところである。ハリウッド映画みたいな派手さはないものの、この作品に引きずり込まれる力強さを感じる。スパイ映画と言えば、派手な逃走シーンやアクションばかりに目を奪われがちだが、この作品はそれらを極力描かないことにより、心理面での描写が巧みで観ているコチラもひとときも目を離せない作品に仕上がっていると言えよう。渋さが光る作品となっている。一見の価値有りです。

オススメ度 ★★★★★ 諜報員が抱える心の葛藤に注目して下さい

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 09:51| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。