ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2009年06月17日

容疑者Xの献身



2008年

監督 西谷弘
出演 福山雅治 柴咲コウ 堤真一

 今まで、ミステリー映画を観て僕は一度も泣いたことがなかった。

 けれども、この作品を観て初めて泣いてしまった。あまりにも哀しい結末。僕は想像すら出来なかった。それは、ひとえにこの映画は、単なるミステリー映画ではなくて、人間ドラマに比重が置かれているからである。そのことは追々触れていこう。

 堤真一演じる天才数学者石神。大学時代の友人である福山雅治演じる物理学者である湯川学。彼らの行き詰まる頭脳戦もさることながら、友情に揺れ動いたり、無償の愛によって突き動かされたりしている。

 劇中では、興味深い台詞が幾度となく出てくる。かいつまんで書いていこう。

 ひとつ目は、湯川と石神が再会したときに交わされる会話。

 湯川がこう切り出す。「山登りは数学に似ている。頂上はひとつ。そこに行き着く何通りの方法から、最もシンプルで合理的なルートを見つけ出すか」

 それに対して、石神は、「まだ数学には、前人未到の山が残っていると答えている」

 後、刑事たちが石神のもとへと行ったときに交わされた会話。

 「石神先生の作る問題は難しそうですね」という問いに対して、彼はこう答えている。

 「難しくはありません。単純な引っかけ問題ばかりですよ」

 「引っかけ問題?」と聞く。それに対して石神は「例えば、幾何の問題に見えて実は関数の問題だとか、少し見方を変えれば解るはずなんです」と答える。この、幾何の問題に見えて実は関数の問題。これは、後に何度も台詞として出てくる。

 柴咲コウ演じる内海と、北村一輝が演じる草薙が、湯川と食事をしているシーンでもこの台詞が登場してくる。まずは、そのまえに、抑えておきたいポイントがある。

 それは、湯川自身が語った言葉である。「数学者と物理学者とでは、答えに辿り着くまでのアプローチが正反対だ。物理学者は、観察し、仮説を立て、実験によって実証していく。しかし、数学者は、数をあまたの中でシュミレーションしていく。つまり、数学者は問題を様々な角度から見ることによって、謎の正体を明らかにしていく訳さ」

 この食事シーンでも先程の会話が再現される。内海が、「確か、石神も同じようなことを言ってました。少し見方を変えれば解るはずだ」と。そして、草薙が後に続く。「幾何の問題に見えて実は関数の問題」。

 湯川は「いかにも彼らしい」と答える。

 場面が変わり、石神と湯川は山を登ることになる。そこで、交わされた会話も同様である。湯川が石神に対して、「面白い話を聞いたよ。君の問題の作り方について。幾何の問題に見せかけた関数の問題。つまり、思い込みの盲点をつくる」。

 この作品は、まさに、思い込みの盲点をついた映画である。冒頭でも書いたように、一見、ミステリー映画のように思い込んでいるが、見方を変えると人間ドラマに比重を置いた作品となっているのである。

 そして、ラストシーン間際に内海と湯川が交わしている会話にも注目したい。敢えて、一部分を省略して再現してみたい。

 湯川は、こう切り出す。「石神と再会したとき、彼は僕にこう言ったんだ。君はいつまでも若々しいな。羨ましいよ。驚いたよ。石神と言う男は、自分の容姿を気にするような人間じゃなかった」

 内海は「教えて下さい。石神は一体何をしたんですか?」

 それに対して湯川は、「僕が、この事件の真相を暴いたところで、誰も幸せにはなれない」

 たまらず内海はこう切り返す。「こんな終わり方で良いの?私の知っている湯川先生は、感情に流されず、常に論理的で、誰よりも真実を追究する人でした。もし先生が、痛みに耐えられないなら、私も一緒に受け止めます」

 悲痛な面持ちで湯川はこう呟いた。「刑事ではなく、友人として聞いてくれるか?」

 戸惑う内海。それでも「友人として、ハイ」と答える。

 意を決したかのように湯川は「この事件の結論は全て僕に任せて欲しい」

 このやり取りからでも伺えるように、湯川自身も石神に対して複雑な気持ちを抱いていたことが解る。この苦悩は、石神に対して、湯川がある数学の問題を思いついたからである。

 その問題とは、「誰にも解けない問題を作るのと、その問題を解くのとでは、どちらが難しいか?但し、答えは必ず存在するとする」

 それにたいする石神の解答は「なあ、湯川、あの問題を解いても、誰も幸せにはなれないんだ」であった。この言葉が最後まで湯川を苦しめていたのである。

 ミステリー映画としても楽しめるが、それ以上に人間ドラマとして楽しめる希有な作品であると言える。観ているこちらとしては、完全に思い込みの盲点をつかれた感じである。出来ることなら、最低2度は観て欲しい。一度目は、単に、ミステリー映画として楽しんで欲しい。至る所に、ヒントが隠されている。そして、二度目は、人間ドラマに比重を置いてみて欲しい。それは、本当に哀しい物語である。

 大抵のミステリー映画は一度観てしまえば飽きてしまうものだが、この作品に関しては、人間ドラマとして観ると飽きることはない。人それぞれが抱える問題。それにスポットライトをあてている。お勧めです。

オススメ度 ★★★★★ 無償の愛に突き動かされた人間の悲哀を感じて下さい。

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 04:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(や行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

ユージュアル・サスペクツ



1996年

監督 ブライアン・シンガー
出演 スティーヴン・ボールドウィン ガブリエル・バーン ケヴィン・スベイシー

 時に人は真実を見誤ることがある。それはどういうことか?大抵の人はある事柄に対して先入観を抱いて物事を見てしまうことがある。その先入観を見抜きその人が聞きたいことを少しの真実と嘘をまぶして話をされるとどうなるか?先入観があるためその話を信じてしまう。しかも、自分がミスリードされていることに気づかずに自分で出した結論だと勘違いしてしまう。この作品が秀逸なのは、その卓越した脚本とカメラワークによって見事に鑑賞している我々を見事に騙されてしまうのである。すべてのピースがはまり見事に出来上がった絵が実は虚像だとわかった瞬間に崩れさる瞬間を味わえる作品と仕上がっている。

 物語は、カリフォルニア州サン・ペドロ港でアルゼンチン・マフィアの所有する船舶の炎上事故が発生する。それはコカインを奪おうとした犯罪者一味とマフィアの闘いの結果であった。一味の唯一の生き残りであるヴァーバル(K・スペーシー)を尋問していた関税特別捜査官クライン(C・バルミンテリ)は奇妙な話を聞くことになる。それは6週間前に起きた銃器強奪事件までさかのぼる。その容疑者として元尾汚職警官のキートン(G・バーン)、マクマナス(S・ボールドウィン)とフェンスター(B・デル・トロ)の強盗コンビ、爆破の専門家ホックニー(K・ボラック)、そして詐欺師のヴァーバルら5人は釈放後、協力して宝石強盗を敢行する。見事に成功して奪った宝石をさばくためにLAの故買屋と接触した5人はそこで新しいヤマを持ちかけられる。宝石だと聞かされていた物は、実は麻薬でトラブルから相手を射殺してしまう。そしてパニック状態となった5人の前には、伝説のギャングである”カイザー・ソゼ”の右腕と名乗る弁護士が現れて、次のヤマを指示されることに。それを聞いた5人は渋々従うことになるのだが……。

 この映画は監督のブライアン・シンガーにとって出世作となった傑作犯罪映画である。登場人物に善人などは皆無でピカレスク小説的な要素を持ち合わせ、閉塞的であり息詰まる心理サスペンス・ミステリーが繰り広げられていく作品となっている。何度、見返しても飽きない仕上がりとなっているので、是非オススメの作品となっています。

オススメ度 ★★★★★ 真実と嘘の狭間にあるものそれは幻?

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 17:24| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(や行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

予言



2004年

監督 鶴田 法男
出演 三上 博史(里見 英樹)
   酒井 法子(里見 綾香)
   堀北 真希(若窪 沙百合)

〜車で帰省中の里見(三上)と、妻の綾香(酒井)娘の奈々。急ぎの仕事のため途中電話ボックスへと立ち寄る。そこでふと目にした新聞には、今から数分後に大型トラックの追突事故により、娘奈々が死亡するという記事だった。その直後、新聞の記述通りに事故が起こり・・・。
事故から3年後、娘を失った悲しみを引きずり、妻とも別れた里見のもとに、また、未来を記した新聞が届く。〜

この映画は、つのだじろう氏の「恐怖新聞」を題材にした作品である。

観る前には、ホラー映画ということで、心霊場面を多用して恐怖を演出しているのだろうと勝手に想像し、身構えて観たのだが、思いっきり肩透かしを食らわされました。というのも、ホラーというよりは、時間軸を使ったSFの要素が強い作品に仕上がっているのである。

見所は、冒頭のシーンにて娘を失うことにより、里見は悲しみを引きずり、未だに過去を引きずりながら抜け殻のように生きているのに対し、一方、別れた妻の綾香は、里見が見たという新聞について、自分なりに過去と対峙する形で、大学で研究を続けているのである。
対照的ともいえる生き方をしている二人なのだが、里見の下に未来を記した新聞が届くことにより、離れていた二人の運命がもう一度交差することに・・・。

このように、娘を失った夫婦の物語を中心に家族をメインに描いており、効果的な演出の一部として恐怖新聞を取り入れているので、おどろおどろしい演出は皆無である。

ラストはたたみ掛けるように展開が早くなり、個人的にはSF作品を観ているような感覚に陥り、そのためか、恐怖感ではなく悲しさが強くなり、最後には切なさがこみ上げてきた作品でした。

オススメ度 ★★★☆☆ 怖いというより悲しい物語です。

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 23:03| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(や行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。