ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2005年10月07日

いつも「いいこと」が起きる人の習慣



自分を画期的に改善する21の法則と、サブタイトルがあり、その名の通り、21の法則が紹介されています。

この本で、良かった点は、各法則毎にあった、いい言葉が収められていること。
例えば、第1章の「自分本位」になれない人は偽善者だというタイトルの横には、

何があっても自分を貫くこと。それが結局は運命の扉を開く。
―ウォルト・ホイットマン(詩人)


という言葉が、書いてあります。
いきなり、「自分本位」になれない人は偽善者だ、って「どういうこと?」と、不思議なんですが、読み進めていくうちに、「こういうことだったのか!」と納得できます!

ちょっと、自分自身窮屈だなと感じている人には、読んでもらいたい本です。

きっと、視野がひろがりますよ!

オススメ度 ★★★☆☆

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 05:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(実用書・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7815302

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。