ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2005年09月28日

ボーン・アイデンティティ



2003年

監督 ダグ・リーマン
出演 マッド・デイモン(ジェイソン・ボーン)
   フランカ・ポランテ(マリー・クルーツ)

ある嵐の晩、意識を失って漂流する一人の男。漁船に救助されるも、その男には、弾痕があり皮膚の下には、マイクロカプセルが埋め込まれていた。
そのマイクロカプセルには、スイスの銀行口座の番号が・・・いぶかる船医。一体彼は何者なのか?やがて意識を取り戻すと、彼には記憶が無かった。


それから、数週間後、何とか記憶を取り戻すために、スイスの銀行へと男は向かうが、そこの貸金庫には、ジェイソン・ボーンを含め、6カ国のパスポート・大金・拳銃があった。

一体、自分は誰であり、何者なのか?

手がかりをもとに、記憶を取り戻そうとするボーン。
一方、CIAでは、ボーンの抹殺指令が下されており、ボーンのもとに、暗殺者たちが、送り込まれていく。

暗殺者たちに狙われるボーン。無事生き延びて、記憶を取り戻すことができるのか?

全体を通して観ると、イマイチ盛り上がりに欠ける。
派手なアクションシーンはあまり多くなく、それでいてドラマ性があるのかといえば、中途半端だし・・・
登場人物の、相互関係もあいまい。

CMをみて、期待が大きすぎたため、その分、裏切られた感がある。
原作は、まだ読んでいないが、逆に、原作には期待がもてそうである。

このテーマなら、もう少し、登場人物の相互関係を深く掘り下げて欲しかった。
残念である。

オススメ度 ★★☆☆☆

人気ブログランキングに参加しています。ご協力をお願いします。
こちらをクリックしてください。

人気blogランキングへ

posted by Genken at 21:09| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(7) | 映画(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。またいくつかTBさせていただきました。これからもよろしくお願いします。
Posted by 結局映画かよ at 2005年11月12日 12:59
>結局映画かよさん

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
それでは、失礼します。
Posted by Genken at 2005年11月12日 23:23
Genkenさん、こんにちわ!

確かに人間関係の描写は雑でしたね..
僕はせいぜいたくさんの刺客をやっつけて
盛り上げてくれる事を期待したんですけど
それもたった2人だったし..

これから!ってとこで終わってしまったというのが
僕の感想でした。

P.S.
ナッシュ・ブリッジッズ終わっちゃいましたね..
娘が刑事を辞めてフランスで行くだけで
終わってしまうのはあっけないと言うか?という
気分でした。
ファイナルの後の続編は期待出来ないですかね?
Posted by GKGKGK at 2005年12月11日 10:14
>GKGKGKさん

こんばんは。

本当に、何も盛り上がらないまま終わってしまった作品でしたね。

ナッシュ・ブリッジズ、再放送してくれないですかね・・・。
ファイナル後の続編は、どうでしょう?
続編は、あまり期待できないでしょうね。個人的には出して欲しいのですけど・・・。

また、遊びに来てくださいね。こちらからも伺いますので!

それでは、失礼します!
Posted by Genken at 2005年12月12日 23:49
財布 ケイトスペード マーク 腕時計 http://www.hbomtc.com/
Posted by マーク 腕時計 at 2013年08月12日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ボーン・アイデンティティー
Excerpt: ボーン・アイデンティティー (THE BOURNE IDENTITY) 製作: 2002年、アメリカ 監督: ダグ・リーマン 脚本: トニー・ギルロイ、ウィリアム・ブレイク・へロン 出演..
Weblog: 結局映画かよ
Tracked: 2005-11-12 12:58

ボーン・アイデンティティー
Excerpt: ボーン・アイデンティティーを観た。えっ何なにナニ終わり感想って言ったらそんな感じおぉこれからキル・ビルみたいに仰山刺客やっつけるんやなぁなんて思ってたらへっって感じでエンディング出だしからヨーロッ..
Weblog: こころ..Inside my heart...とりあえず続けられるだけ..
Tracked: 2005-12-11 10:08

DVD「ボーン・アイデンティティー」
Excerpt: 記憶喪失で命を狙われる、、、 なんて怖い設定なんでしょう。。。 エンターテイメント映画にするとこうなるのねぇ。 逃亡劇には、必ずといっていいほど女がつきものですが今回一緒に逃亡をする女、、、..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-12-18 14:22

DVD「ボーン・アイデンティティー」
Excerpt: 記憶喪失で命を狙われる、、、 なんて怖い設定なんでしょう。。。 エンターテイメント映画にするとこうなるのねぇ。 逃亡劇には、必ずといっていいほど女がつきものですが今回一緒に逃亡をする女、、、..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-12-18 14:24

ボーン・アイデンティティー
Excerpt:  コチラの「ボーン・アイデンティティー」は、ロバート・ラドラム原作の3部作からなるポリティカル・サスペンスの1作目を映画化したサスペンス・アクションです。  実を言うと、以前TV放送されたのを観..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-11-06 22:00

ボーン・アイデンティティー
Excerpt: 男は、彼らの「武器」となる為に訓練された筈だった 【関連記事】 「ボーン・アルティメイタム」 「ボーン・スプレマシー」 ボーン・ア...
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-10-31 21:05

ボーン・アイデンティティー - The Bourne Identity -
Excerpt: ボーン・アイデンティティー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD] 「ボーン・アイデンティティー - The Bourne Identity -」 感想 ...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2010-04-11 07:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。