ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2005年12月13日

ミッション:インポッシブル



1996年

監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 トム・クルーズ(イーサン・ハント)
   ジョン・ヴォイド(ジム・フェルブス)
   ヘンリー・ツェーニー(キトリッジ)

〜盗まれたCIA情報員のリスト“NOC”を取り戻すため、プラハの大使館員と情報の買い手を捕らえるため、スパイ組織IMFのリーダーのジム(J・ヴォイド)の元に指令が入った。
ジムと共にイーサン(T・クルーズ)らIMFのメンバーが現地入りし作戦を開始するも、敵側に情報が筒抜けで、チームは壊滅状態に・・・。
メンバーの中で助かったのは、イーサンとジムの妻クレア(エマニュエル・ベアール)のみ。
しかも、イーサンはCIAから裏切り者とみられ、追われる身となる。
果たして、イーサンは疑いを晴らすことができ、裏切り者を突き止めることが出来るのか?〜

この映画は、TVドラマ「スパイ大作戦」を元に、トム・クルーズが製作・主演した作品である。

見所は、現実には出来ないことを、いとも簡単にやってのけてしまうという、非現実感を味わうことで、「そんなの出来っこない」とか「あり得ない」という数々の場面や設定を、いかに単純に喜んだり、驚いたり出来るかが大切です。

例えば、スパイが使用する小道具の数々、非現実的な作戦や行動、どれをとっても、スパイ物の作品には欠かせなく、物語の展開が少々ハチャメチャで論理的に破綻してても、娯楽作品として楽しまなければ、冷静に観てしまったり、ツッコンでしまえば、たちどころに、つまらなくなってしまうので、素直な気持ちでみましょう。

この作品でも、ストーリー展開はやや強引ではありますが、それ以上にスパイ・アクションを楽しむという点では、面白い作品となっています。

あと、ラロ・シフリン作曲のあのテーマソングを聴くだけで、ワクワクしてくるのは私だけでしょうか?

オススメ度 ★★★☆☆ 尚、この記事を読み終えると・・・

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 23:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(ま行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミッション:インポッシブル
Excerpt:  コチラの「ミッション:インポッシブル」は、ご存知トム・クルーズが主演・製作を務めた大ヒットシリーズの1作目です。オリジナルのTVシリーズ「スパイ大作戦」と比較されると酷評の目立つシリーズですが、..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-10-16 22:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。