ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2008年08月16日

昔の駄菓子屋と今のコンビニ世代

 今ではすっかりと見かけなくなった駄菓子屋。僕が幼かった頃は、あちらこちらに駄菓子屋があったものである。百円あれば充分に堪能出来た時代。くじ引きの一等のオモチャ欲しさに何度もチャレンジしたり、今では絶対食べられないような甘いだけのお菓子を食べたりして遊んだものだ。そんなお菓子やらくじ引きでスカを引いたりするのが楽しくて仕方がなかった。

 今思うに、くじ引きなど一等のあたりの券など入っていなかったように思える。子供心にギャンブルする楽しさを植え付けるための小道具に過ぎなかったのではないかと邪推してしまう。たった十円で何百円かいやもっと高額だったのかもしれないが、それを当てにいくために随分と悪時絵を働かした奴もいる。一等のあたり券を偽造する奴が出て来たりする。所詮、子供の浅知恵なのですぐに露見してしまい、コラッーとおこなれながらも逃げ出すのが楽しかったりする。

 僕らの時代で流行ったのが銀玉鉄砲だった。あまり威力がないが至近距離からうたれるとこれがまた結構痛い。折しも、石原裕次郎、渡哲也が出演していた「西部警察」などが流行っていたこともあり、撃ち合いをするのが楽しかった。小学校高学年になると、プラモデルでモデルガンを作る楽しさを覚えた。銀玉鉄砲から、プラモデルのモデルガンへと変わり、相変わらず、近くの神社の境内で撃ち合いをしていた。今度は火薬なので音だけであそんだりしていた。

 あと、よく遊んだのが爆竹遊びである。子供というのは時に残酷とも言える所業をやってのける。僕の友人Fはカエルをつかまえてはカエルの生側を剥がすことに恍惚を覚えていた。カエルにとってはたまったもんはないだろうか。そんなことを行っている僕もカエルやヤモリなどをつかまえては口に爆竹をくわえさせ火をつけて爆発するシーンを随分と楽しんだものである。今になって思えば残酷だが。それだけでは飽き足らず、今度は爆竹に火をつけどれだけギリギリまで持てるかと云うチキンレースをやったものである。僕も挑戦して何度かは手の中で爆発して痛い思いをしたことを思い出す。

 後は、友人のY君が住んでいるマンションで鬼ごっこをしたり、またしても爆竹遊びをしたりした。最上階まで昇っていき、爆竹に火をつけてから落下させて途中で爆発するのを見ると言う単純な遊びに興じたものである。しかし、度が過ぎれば学校に連絡が行き、マンションでの爆竹遊びは禁止となったのである。それも当然であるが。

 こうやって昔の遊びを思い出してみると、携帯用のゲーム機なんてもちろんない時代だが、子供なりにルールを作り楽しんでいたことを思い起こさせてくれる。今の子供たちが可哀相だとは思わない。時代に即した遊び方があるのだろうけれど、昔、僕らが味わった探検心とか冒険心というものが少し希薄になっているようで仕方がない。それに特定の少人数だけで遊ぶ傾向がある。僕らの時代は、同世代の男女やお兄ちゃんやちびっ子まで一緒に遊んだ記憶が片隅にある。しかも、その上、いたずらが度をこしてしまうと、叱ってくれる近所のおっちゃん、おばちゃんがいた。現代では考えにくいことだ。

 僕らが大人になるにつれ、親となった今、子供たちに伝えられるものは何だろうと考える。近所の悪ガキがやんちゃをしていても止めない、見て見ぬ振りをしたりする。これでは、礼儀作法や常識を教えないのと一緒である。自分さえ良ければそれでいいという風潮が僕たち大人を含め蔓延しているのである。それが故に、子が親を殺し、親が子を殺すという悲惨な時代になったのだろう。一昔前は、良い大学に入り、良い会社に入れば安泰だという幻影が空く長良図もあったが、バブル崩壊以後、その幻影すらみられなくなってしまった。そしたら今の子供たちは何を信じて生きていけば良いのだろうか。幸せっていうものを根本的に考え直す時期にきているのではないかと僕は考えている。出来ることなら今の子供たちは携帯用ゲーム機を置いて外に出てやんちゃをしてほしい。それで、ここまでやったら怒られるというのを肌で感じて欲しい。逆に僕を含め大人たちも知らない子供でも度が過ぎれば怒るということを勇気を持って実行してもらいたい。そうすれば、世の中がちょっとだけ住みやすくなるかもしれないから。
posted by Genken at 14:25| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。