ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2008年08月15日

マイアミ・バイス



2006年9月公開

監督 マイケル・マン
出演 コリン・ファレル ジェイミー・フォックス コン・リー

 スタイリッシュでクールな「マイアミ・バイス」1980年代に人気を博したTVシリーズを、マイケル・マン監督がリメイクした作品。「マイアミ・バイス」と言えばドン・ジョンソンのイメージが強すぎるが、この作品はそれらを越えて出来上がった別の作品として捉えた方がTVシリーズのファンにとってはいいだろう。

 あらすじ自体はそれほど複雑でもなく、おとり捜査の危険性を充分に伝えることに成功している。マイアミ警察が使っていた情報屋が衝撃的な死を遂げた。その上FBIの潜入捜査官2人もおとり捜査の現場で殺害される。なんとおとり捜査の情報が犯罪組織に流失している。ことを重く見たFBIは状況を打開すべく、マイアミ警察に協力を依頼する。それは麻薬ディーラーとして密輸組織に接触して情報漏れのルートを見つけ出すという作戦であった。孤立無援の特別任務であり、無事に生還出来るのは限りなくゼロに近い。そんな危険な捜査を二人の刑事に託される。特捜課のクロケット(K・ファレル)とタブス(J・フォックス)。さっそく犯罪組織への接触を図ろうと行動を開始するのだが……。

 とにかく、クールでスタイリッシュな物語の展開には舌を巻く。現実のおとり捜査はそこまで派手ではないだろう。ただ、それを忘れさせてくれるかのように、物語はテンポよく進んでいく。自らの危険を顧みず組織犯罪撲滅のために命を張るということは見た目以上に格好が良い。とにかく、理屈は抜きにして楽しめる作品となっている。オススメです。

オススメ度 ★★★☆☆ クールでスタイリッシュな映像美を堪能して下さい

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 22:03| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(ま行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104800345

この記事へのトラックバック

マイアミ・バイス
Excerpt:  『深く静かに潜入せよ。』  コチラの「マイアミ・バイス」は、9/2公開になった80年代に人気のあった同名TVシリーズを、当時のTVシリーズの製作総指揮を務めたマイケル・マン監督が自ら映画化しち..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-08-16 00:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。