ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2009年06月29日

ザ・マジックアワー



2008年6月公開

監督 三谷幸喜
出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里

 人は窮地に立たされたときにどのようにして切り抜けるのだろう?

 やはり、知恵がないと生き残れない。どれだけ知識があっても、それを応用しないことにはいけない。まさに、この映画は窮地に立たされた人間が他人をも巻き込んでいく物語である。

 簡単にあらすじを述べよう。港町の守加護(すかご)を牛耳るギャングのボスである天塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)。命を助けてもらう条件として伝説の殺し屋であるデラ富樫を5日以内に連れてくることを突きつけられる。もちろん、伝説と言われるまでの殺し屋だから、そう簡単には見つからない。そこで、追い込まれた備後は無名の役者である村田大樹(佐藤浩市)をデラ富樫の替え玉として殺し屋に仕立て上げることであった。村田には映画の撮影だと思い込ませ、ボスの天塩にはデラ富樫だと思い込ませることに。その思惑は見事に成功するのだけれど、備後が考えもしなかった展開になっていくのであった。

 この作品は「映画の中で映画を再現している」と言ってもいいくらいだ。どのようにして映画が作られていくのかを追体験出来る。過去に、様々な映画のDVDでメイキング映像とか見たことがある。そう言う意味では、このザ・マジックアワーという映画は大掛かりなメイキング映像と言ってもいい。

 ただの大掛かりなメイキング映像とは違い、ちゃんと物語があり、ハラハラしたり笑ったり、ホロっとしたりする。人情喜劇とも言える作品にちゃんと仕上がっているのである。この辺りは、さすが三谷幸喜ならではと言える。

 僕が特に気に入っているシーンは、ボスと村田大樹演じるデラ富樫が初めて合うシーンである。このシーンがとてもシュールな作りで面白い。それに、騙し通そうとする備後の慌てふためいている姿も滑稽である。ラストのシーンで、ボスと、村田大樹が演じるデラ富樫との掛け合いも面白い。

 これ以上、書くとネタバレになるので未見の人には申し訳ないので止めておく。随所に細かい笑いが散りばめられているので、最後まで見ていて飽きさせない作りになっている。

 冒頭でも書いたように、人間、窮地に追い込まれるとどんな対応をとるか迫られる。そこで、どれだけ知恵を出せるかである。しかも、自分が予測しない方向へと事態が流れていっても、それを逆手にとる知恵も必要であることも、この映画では教えてくれる。

 この作品も、何度観ても飽きることはないのでジックリと鑑賞してもらいたいものである。

オススメ度 ★★★★★ やはり、知恵は重要です。

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 18:02| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。