ライターの募集・求人・登録なら【ブログライター】 Webライティングセンター

2007年07月29日

ユージュアル・サスペクツ



1996年

監督 ブライアン・シンガー
出演 スティーヴン・ボールドウィン ガブリエル・バーン ケヴィン・スベイシー

 時に人は真実を見誤ることがある。それはどういうことか?大抵の人はある事柄に対して先入観を抱いて物事を見てしまうことがある。その先入観を見抜きその人が聞きたいことを少しの真実と嘘をまぶして話をされるとどうなるか?先入観があるためその話を信じてしまう。しかも、自分がミスリードされていることに気づかずに自分で出した結論だと勘違いしてしまう。この作品が秀逸なのは、その卓越した脚本とカメラワークによって見事に鑑賞している我々を見事に騙されてしまうのである。すべてのピースがはまり見事に出来上がった絵が実は虚像だとわかった瞬間に崩れさる瞬間を味わえる作品と仕上がっている。

 物語は、カリフォルニア州サン・ペドロ港でアルゼンチン・マフィアの所有する船舶の炎上事故が発生する。それはコカインを奪おうとした犯罪者一味とマフィアの闘いの結果であった。一味の唯一の生き残りであるヴァーバル(K・スペーシー)を尋問していた関税特別捜査官クライン(C・バルミンテリ)は奇妙な話を聞くことになる。それは6週間前に起きた銃器強奪事件までさかのぼる。その容疑者として元尾汚職警官のキートン(G・バーン)、マクマナス(S・ボールドウィン)とフェンスター(B・デル・トロ)の強盗コンビ、爆破の専門家ホックニー(K・ボラック)、そして詐欺師のヴァーバルら5人は釈放後、協力して宝石強盗を敢行する。見事に成功して奪った宝石をさばくためにLAの故買屋と接触した5人はそこで新しいヤマを持ちかけられる。宝石だと聞かされていた物は、実は麻薬でトラブルから相手を射殺してしまう。そしてパニック状態となった5人の前には、伝説のギャングである”カイザー・ソゼ”の右腕と名乗る弁護士が現れて、次のヤマを指示されることに。それを聞いた5人は渋々従うことになるのだが……。

 この映画は監督のブライアン・シンガーにとって出世作となった傑作犯罪映画である。登場人物に善人などは皆無でピカレスク小説的な要素を持ち合わせ、閉塞的であり息詰まる心理サスペンス・ミステリーが繰り広げられていく作品となっている。何度、見返しても飽きない仕上がりとなっているので、是非オススメの作品となっています。

オススメ度 ★★★★★ 真実と嘘の狭間にあるものそれは幻?

ランキング今日は何位?
posted by Genken at 17:24| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(や行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。